うたまっぷトップへ         
    演歌                             <<<検索画面に戻る
  曲名   歌手 作詞 作曲 歌いだし タイアップ情報 CD
関東春雨傘 氷川きよし 米山正夫 米山正夫 関東一円 雨降る時は
この素晴らしき世界 八代亜紀 ROBERT THIELE/GEORGE DAVID WEISS/日本語詞:鈴木博文 ROBERT THIELE/GEORGE DAVID WEISS 明日も咲くバラの花 緑の木々も輝いて
波に抱かれて 北原朱夏 しげもとまさあき さかたひとし よせては返す アドリアの
郡上八幡おんな町 永井裕子 彩ちかこ 四方章人 母を泣かせて 故郷すてる
祭り女の渡り鳥 永井裕子 岡みゆき 四方章人 ねじり鉢巻 三社の神輿
泣きぬれて… 竹島宏 幸耕平 幸耕平 あなたの嘘が見えたから 私は部屋を出て行くわ
運命の女(ひと) 竹島宏 石原信一 幸耕平 すぐに 涙ぐむくせが
待ちぼうけの風景〜冬がれの長い道〜 北原朱夏 島敏光 さかたひとし ここに ここに 私は独り
迷い道 香田晋 澤本嘉光 海底二万哩 あなたについてきたわたし CM/ガス温水床暖房/東京ガス
愛染桜 あさみちゆき さくらちさと 鈴木キサブロー 愛を染める 桜と書いて 愛染桜
室積海岸 あさみちゆき 星川裕二 網倉一也 何年ぶりでしょう バスに揺られて
お酒と一緒に 坂本冬美 たかたかし 杉本眞人 女がひとり お酒を飲むときの
別離(わかれ)の時は 吉幾三 吉幾三 吉幾三 淋しさ悲しさ 口惜(くや)しさも
男の火祭り 坂本冬美 たかたかし 杉本眞人 日本の男は 身を粉にして働いて
おんな化粧 上野さゆり いずみことば いずみことば つらい慕いは さらりとすてて
男っちゅうもんは 吉幾三 吉幾三 吉幾三 少しはやんちゃで 構わない
幾千もの祈り 氷川きよし 清瀬あき 大谷明裕 僕達は この地球に
あなたは雪になりました 小金沢昇司 松井五郎 幸耕平 またすぐに逢えると 別れたあの日
Happy Birthday〜花束を添えて〜 小金沢昇司 伊藤美和 大谷明裕 Happy Birthday Happy Birthday
哀愁の奥出雲 清水博正 佐藤史朗 弦哲也 あなたたずねて 出雲路ゆけば
グラスの中の恋人 前川清/石川さゆり 荒木とよひさ 都志見隆 グラスの中の 小さな海で
微熱の月 春奈るな Rie Otsuka Kohei Tsunami 約束の夜に 見上げる微熱の月
ネバーランド 春奈るな Ryuhei Yasunaga Ryuhei Yasunaga 非現実に溺れて
ぼくというきみへ 春奈るな 春奈るな solaya ちっぽけなきみ ふるえながら
1億よりオンリー・ユー 天童よしみ もりちよこ 金田一郎 1億のダイヤより 1輪の薔薇になり

<<< 前の 20 件に戻る     1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11     次の 20 件に続く >>>








検索