うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ユリイ・カノンさんのCDへ   CD      ユリイ・カノンさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check ユリイ・カノンさん『傀儡マイム』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:27回 リリース日:2021年3月3日
傀儡マイム
作詞 ユリイ・カノン 
作曲 ユリイ・カノン
ユリイ・カノン
くたばった豪奢な感情なんて
まとめて有り体にお安い値で精々粗製濫造

気付けば脳を巡る愛憎さえ失くして
まるでわたしは糸繰りの人形

夢から覚めた
いや逃げたルーザーの憐憫
歯に衣着せない情操混在迷宮

眩んだペーソス
泥水を啜る日々
アブストラクトな絵空事

どうやらこのままそうして意のままに
狂わせられるだけで終わるみたい
根切り葉切り嘘を呑み込んで
ほら息もできなくなるの

舞い踊る 傀儡ショウの檻で
狂想に溺れる人生だった
嗤えるわ

「もう、これでいいの」なんて吐いた
愚かなわたしの姿が映る

廻れるらりらら
テグスに操られ

独りるらりらら
絡まり雁字搦めになるの

ああ、壊れた命で瓦礫の街を歩く

るらりらら
味気のない声で

揺られるらりらら
吐き出した嘘を暴いてよ

ああ、地獄へと垂れたその糸は救いの手なのか

この目に映るものどれもが偽物
捻くれた嘘に塗れた心情

次第に心は痛みさえ感じず
まるでわたしは糸繰りの人形

ああだのこうだの思考したってなんにも答えは出ないって
今日も昨日も狼狽えていた 明日もどうせ変わらないね

来世があるなら今よりちょっと 良い思いをさせて頂戴
本当は知ってる そんな希望は迷妄だ

わたしの心の裏側にある
わたしも知り得ぬそれが視たいの
意図を手繰り寄せて

舞い踊る 傀儡ショウの檻で
虚構に招かれ喰らいあって落ちてゆく

そう、これが運命だってことだ
吝嗇な神様を呪いながら

廻れるらりらら
テグスに操られ

独りるらりらら
絡まり雁字搦めになるの

ああ、壊れた命で瓦礫の街を歩く

るらりらら
この身が散るまでは

だからるらりらら
わたしはわたしを生きていこう

ああ、這い上がるほどに落ちれば痛みは増す
されど 底でくたばるよりはマシだ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ユリイ・カノンさん『傀儡マイム』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー