うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     須田景凪さんのCDへ   CD      須田景凪さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 須田景凪さん『ゆるる』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:18回 リリース日:2021年2月3日
ゆるる
作詞 須田景凪 
作曲 須田景凪
須田景凪
遠い過去の様に思えるんだ
厚い雲を目に焼き付けていた
何もかもがきっと近過ぎていた
今になって後ろめたくなった

風が揺るる
水面はうねる
瞬きと共に罪を攫う
ふと切り裂く景色の奥は温もりだけ

ちゃんと目を見て言って 君の言葉で
最後の魔法は二度と解けないように
明日も君を思い出す 声が朽ちるまで
その頃に魔物にでもなってたら笑えるね

緩やかに日々は焼け焦げていく
気付かないまま燃ゆる心だった
ならばいっそ手離してしまうか
そんな事を考えてしまう
愚かな程に

海は口遊む
翡翠の底で
陽の射す時を待ちわびている
胸を締める小さな傷も愛している

誰か夜を触って か細い痛みまで
いつの日か飛行した声も届きますように
闇はやがて灯って思い出となる
その前にただ隣で笑っていたいだけ

心揺れる その様を包み隠さずに
曝け出して生きていけたら幸せだ
その為に魔物でも獣にもなろう
下らない話でも君と続けたいんだ

ちゃんと目を見て言って 君の言葉で
最後の魔法は二度と解けないように
明日も君を思い出す 声が朽ちるまで
その頃に魔物にでもなってたら
あるがまま私をその手で触れておくれ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

須田景凪さん『ゆるる』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー