うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     tacicaさんのCDへ   CD      tacicaさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check tacicaさん『510』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:9回 リリース日:2016年2月24日
510
作詞 猪狩翔一 
作曲 猪狩翔一
tacica
何故?を飲み込む雨に打たれる度に弱い私
悲しい嘘を吐いて 誰も知らない場所を泳ぐ
光を待っている限り 疑える時も笑う私
鏡で嘘を吐いて 誰も知らない場所を泳ぐ

それで濁った紅い血が君を睨んだ
私以外の誰のモノでもない体
誰かのモノの様に浮かんでいる

戻りたい日々
帰りたい場所
無事 守った過去
窓に綺麗に映したまんま
時々 泣くのは
きっと あの子が落としていった日を
時々 思い出すから

もしもし いつも 前方で
哀しみ達 群れを成して待ち構えている
もしもし だけど 後方に
ずっと古の感動だって手を繋いでいる

何故?を飲み込む雨に打たれる度に弱い私
悲しい嘘を吐いて 誰も知らない場所を泳ぐ

戻りたい日々
帰りたい場所
無事 守った過去
窓に綺麗に映したなら
時々 泣くのは
きっと あの子が落としていった日を
時々 思い出すから

雨に泣いたら
私らしさと
又 笑った日を
今も綺麗に残したまんま

©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

tacicaさん『510』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー