うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     BUMP OF CHICKENさんのCDへ   CD      BUMP OF CHICKENさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check BUMP OF CHICKENさん『流星群』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:13回 リリース日:2016年2月10日
流星群
作詞 Motoo Fujiwara 
作曲 Motoo Fujiwara
BUMP OF CHICKEN
月が明かりを忘れた日 冷たいその手をぎゅっとして
地球の影に飛び込んで 見えない笑顔を見ていた
どちらかため息を落とした 合図みたいに見上げた
空は曇って塞いでいる 流星群 極大の夜

時間止まったような気がして 気持ちばかり溢れて
いつの間にか言葉忘れてしまった

こんな魔法のような夜に 君と一緒で良かった
右手に触れた温度が 明かりになった
その笑顔の向こう側の方から 泣き声が聴こえちゃった
流れ星よりも見たいから 解らないように 探している

あまりにも静かだったから いろんな事を思い出す
ひとつひとつ丁寧に 心の中で膨らんだ
痛みはやっぱり強いから 何よりも大きく育って
地球の影に広がって 僕の胸まで痛かった

誰も気にも止めない 逃げ出したって追わない
僕らがこのまま 消えたとしても

出さなくたって大きな声 そこからここに響くよ
これほどに愛しい声を 醜いだなんて
あの雲の向こう側の全部が 君の中にあるんだよ
たとえ誰を傷付けても 君は君を守ってほしい

それからため息を落とした 冷たいその手が熱かった
俯いた僕らの真上の 隙間を光が流れた

こんな魔法のような夜に ようやく君と出会えた
たとえ君を傷付けても 見つけたかった
あの雲の向こう側の全部が 君の中にあるんだよ
僕の見たかった全部が 笑顔を越えて 零れたよ

信じた言葉が力を失くしても 自分が自分を認められなくても
集めてきた星が砕けて消えても そこからここに響くよ

真っ直ぐな道で迷った時は それでも行かなきゃいけない時は
僕の見たかった 欲しかった全部が 君の中にあるんだよ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

BUMP OF CHICKENさん『流星群』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー