うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     水森かおりさんのCDへ   CD      水森かおりさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 水森かおりさん『辰野の雨』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:12回 リリース日:2012年9月26日
辰野の雨
作詞 伊藤薫 
作曲 伊藤薫
水森かおり
浴衣に着がえ 宿の下駄をかりて
いつか夕ぐれどき 少しくもり空
川沿いの道を
折れればそこは蛍
この愛に命を
あなたにすべてを賭けていたから
拭っても抑えても
涙流れてとまらない
信州辰野に さやさやとはらはらと
ほらまた雨が 雨が・・・

ともるぼんぼり 人に押されながら
肩をぶつけられて 渡るわらべ橋
去年はあなたと
今年はひとり蛍
身体(からだ)の痛みなら
季節がいつしか消してもくれる
でも胸に焼きついた
傷は死ぬまで残ります
山里(やまざと)辰野は 六月の梅雨の中
思い出捨てに 来たの・・・

この髪をおろして
おさないむかしに戻れるならば
あの人と会う前の
遠い時間に帰らせて
信州辰野に さやさやとはらはらと
ほらまた雨が 雨が・・・

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

水森かおりさん『辰野の雨』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー