うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     天野月さんのCDへ   CD      天野月さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 天野月さん『くれなゐ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:2142回 リリース日:2012年7月25日
くれなゐ
作詞 天野月 
作曲 天野月
天野月
それぞれの正しさを振り翳すように人は群れを成す
食み出すもの刈り取る鋏を携え わたしを捕らえる

狂いはじめてた ぬくもりの香り
揺さぶられた わたしを笑い
君は消えてゆく 闇夜の隙間に
わたしの身代わりに

朱く 朱く
永遠に刻み付いた
君とわたしをひとつ束ねた残骸
今も同じ永遠を泳ぎながら
わたしを待つの ちぎれた翼で
大空を舞って

どれだけ目が醒めたら 朝日の麓へ君を連れ出せる
どれだけ罰を拭う 愛を奏でたら わたしは戻れる

追いつきたかった 掴まえたかった
君とふたり 歩きたかった
君は逃げてゆく 閉ざした扉を
いくつも擦り抜けて

燻るほど
染まりゆく朱い罪を
優しい傷を わたしは抱いてゆきたい
今も同じ永遠を泳いでいる
君の翼に わたしの両手を
繋ぎ合わせて

わたしは生きてく 翼をもがれた
飛べない蝶のまま

朱く 朱く
永遠に刻み付いた
君とわたしをひとつ束ねた残骸
燻るほど
染まりゆく朱い罪を
優しい傷を わたしは抱いてゆきたい
今も同じ永遠を泳ぎながら
わたしを待つの ちぎれた翼で
大空を舞って

©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

天野月さん『くれなゐ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー