うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ずうとるびさんのCDへ   CD      ずうとるびさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check ずうとるびさん『木の葉の舟に乗って』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:122回 リリース日:1976年10月20日
木の葉の舟に乗って
作詞 岡田冨美子 
作曲 あかのたちお
ずうとるび
波打ちぎわの濡れた砂
君の名前を指先で書けば
きれいな波が君を打ち消し さらってくよ
人はひとりでは半分という
愛する人とめぐり逢い 結ばれて
しあわせの舟を しあわせの舟をこぎ出すという
僕の舟は木の葉だけれど
一緒に乗ってくれるかい
嵐がきたら 君を抱きしめて守るから
夕日が燃えて沈んでく
君は淋しい顔しないけれど
入ってみたい 君の心の奥の部屋へ
人はひとりでは半分という
愛する人と朝の日を浴びるとき
生きていることが 生きていることが うれしいという
君とならば 何かできそう
二人の海はどこまでも
嵐がきたら 君を抱きしめて守るから
僕の舟は木の葉だけれど
一緒に乗ってくれるかい
嵐がきたら 君を抱きしめて守るから

©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ずうとるびさん『木の葉の舟に乗って』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー