うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     よなは徹さんのCDへ   CD      よなは徹さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check よなは徹さん『二十九の春』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:4回 リリース日:2007年12月29日
二十九の春
作詞 上江洌清作 
作曲 上江洌清作
よなは徹
涙が止まらない 海へ沈む夕陽を見て
笑顔はウソつきで 涙さえ上手くウソをつく

目が慣れて耳が慣れて 心まで飼い慣らされて
計算高くなる前に 思い出せ十九の春

はきなれた靴をぬぎ捨てて
住み慣れた街を出てゆくよ
まだまだやれるんだ 夢見てもいいかな

守れない約束ばかり 見続けられない夢ばかり
見返りばかり求めては 習ったように笑う
損得勝負の勘定で 割り切れないよ感情は
今頃響くんだあの頃の歌思い出す十九の春

はきなれた靴をぬぎ捨てて
住み慣れた街を出てゆくよ
まだまだやれるんだ 夢見てもいいかな
今までより これからさ できるだけ笑いたい
できるだけ前を歩く
出来るだけ出会いたい
できるだけ できるだけ 愛を集めたい
愛を探したい

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

よなは徹さん『二十九の春』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー