うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     吉岡秀隆さんのCDへ   CD      吉岡秀隆さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 吉岡秀隆さん『分岐点』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:5回 リリース日:1994年5月20日
分岐点
作詞 吉岡秀隆 
作曲 吉岡秀隆
吉岡秀隆
ひかれたレールの上を歩く君は
明日をも見えないこの僕を笑うだろうか
自由という名の孤独の中で満たされぬ心ひきずってなお
夢を追うことはそんなにバカげてるか
見知らぬ誰かに指をさされても
ため息の中で僕が暮らしてることも
すべては人の心にあやつられてる現実
越えなければ傷だらけの魂でも
生まれた意味はきっとそこにあると思って

太陽の光に目を奪われるより
今は明日を待つ月灯りにくるまっていたい
日常という名の偽りがほら、僕を僕でなくさせている
誰かのせいにするのはもうやめよう
頭を下げても心は売らない
信じた人にたとえ裏切られても
生きていることだけが最後の砦
分岐点に立ち選ぶのは僕自身
越えなければ傷だらけの魂でも

越えなければ傷だらけの魂でも
生れた意味はきっとそこにあると思って

分岐点に立ち選ぶのは僕自身

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

吉岡秀隆さん『分岐点』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー