うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     なぎらけんいちさんのCDへ   CD      なぎらけんいちさんの楽譜へ   楽譜  なぎらけんいちさん『悲惨な戦い』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check なぎらけんいちさん『悲惨な戦い』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:4196回 リリース日:2003年2月19日
悲惨な戦い
作詞 なぎらけんいち 
作曲 なぎらけんいち
なぎらけんいち
私はかってあの様な
悲惨な光景を見たことがない
それは10年以上も前の
国技館の話です

片や巨貫の雷電と
片や地獄の料理人若秩父が

両者見合って待ったなし
ガップリ四つに組んだその額からは
玉の様な汗がダラリンコンと流れ出して来て
若秩父のマワシをしめ出すのだったのだ

このしめったマワシがいずれ
あの不幸な事件を巻きおこすとは誰しも
あの 世にも恐ろしい戦いになるとは
誰しも思わなかったのだ

全く引力とは恐ろしいもので
地上に浮いているものは下へ落っこってしまうのだから
アレヨ アレヨと思うまに若秩父のマワシは
落ちた

さすが天下の●HK
すぐにテレビカメラを消せと命じたが
折りも悪くもアルバイトを使っていた為に
アップで放映してしまったのだ

ラジオのアナウンサーが又、アナウンサーで
テレビを見てない人はわからなかったものを
すぐにお近くのテレビのスイッチを
ひねって下さい等と言ったものだから
見なくていい人まで見てしまったのだ

さすが天下の国技館
すぐに照明を消せと命じたが
折りも悪くもパートタイムを使っていた為に
スポットライトをあててしまったのだ

全く全国3万人の相撲ファンの皆様は
意外な事実を知ったのだ
でかい体にゃ●●●がつき物だと
そういう事実を知ってしまったのだ

さすが木村庄三郎
あの ソウ うちわみたいなヤツで
かくそうとしてやったが
彼も非常に興奮していたもので
股間をイヤという程、
軍配でなぐりつけてしまったのだ

さすが弟子の朝潮は
大変、気が利いているもので
すぐに毛布を持って現われて来たが
彼もまだ、心の準備が出来ていなかったのだ

土俵へ土俵へと一直線に進み
土俵の端につまづいてしまったのだ
全く慣性力とは恐ろしいもので
止まる体も止まらなくなってしまったのだ

その時の彼の脳裏には
一つの言葉しか浮かばなかった
その時の彼の頭の中には
一つの言葉しか浮かばなかった

何か体をささえる物はありませんか
何かつかむ物はありませんかと
何かつかむ物はありませんと目をこらして見たら
目の前にあった

私はかってあの様な
悲惨な戦いを見たことがない

©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

なぎらけんいちさん『悲惨な戦い』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで なぎらけんいちさん『悲惨な戦い』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー