うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     元ちとせさんのCDへ   CD      元ちとせさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 元ちとせさん『玉響(たまゆら)』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:26回 リリース日:2008年7月16日
玉響(たまゆら)
作詞 岡本定義 
作曲 岡本定義
元ちとせ
ただ理由(わけ)もなく溢れ出した涙なら
哀しみもその歓びも
ありのままを受け入れてあげたいだけ

そっと目のまえを通り過ぎる風のように
さり気なく移ろうものを愛しく思える
だから今はこうしていたい

まるで流れる河のよう
行きて還らぬ水のよう
絶え間なくゆく河の辺(ほとり)で
私は何を想うの?
徒然に…

黄昏が彩る空を優しい旋律(しらべ)が
鳥と共に雲間に消えた

それは静かな月のよう
やがて散りゆく花のよう
止めどなく降る雨の雫に
あなたは何を詠うの?

遠く遥か遠く この流れも果てる頃
そこに咲く名も無き花は
再び出逢えたささやかなる証(あかし)となるの
それもまた玉響(たまゆら)の夢…

©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

元ちとせさん『玉響(たまゆら)』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー