うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     椿屋四重奏さんのCDへ   CD      椿屋四重奏さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 椿屋四重奏さん『嵐が丘』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:22回 リリース日:2004年4月21日
嵐が丘
作詞 中田裕二 
作曲 中田裕二
椿屋四重奏
最果てに身を沈めた 夕陽の足跡を数えて
燃え尽きたか弱き火は もうじき 星屑になるのさ

穴の開いたその体を 地べたに寝かしつけて

嬉し悲しき 共にあり 忘れ難きをまた灯し
嵐の中 自ずと望んだ この場所に
涙と雨の 涙と雨の 祝福を

春の陽が包み込んだ 幼い日の心に
どこかしら似ているような 気がした 眠りの中で

この嵐が過ぎる頃に ふたたび目を覚まして

咲いて散りゆく花となり 夢と現を抱きすくめて
嵐の中 自ずと望んだ この場所に
涙と雨の 涙と雨の 祝福を

闇を切り裂いた稲光 喜びを打ち鳴らすかのように
俺は運命の渦の中に 呑まれながら 全てを受け入れる為に

嬉し悲しき 共にあり 忘れ難きをまた灯し
嵐の中 自ずと望んだ この場所に
涙と雨の 涙と雨の 祝福を

咲いて散りゆく花となり 夢と現を抱きすくめて
嵐の中 自ずと望んだ この場所に
涙と雨の 涙と雨の 祝福を

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

椿屋四重奏さん『嵐が丘』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー