うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ふる feat.初音ミクさんのCDへ   CD      ふる feat.初音ミクさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check ふる feat.初音ミクさん『ひよこと天秤』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ひよこと天秤
作詞 ふる 
作曲 ふる
ふる feat.初音ミク
その眼が見据える晩年
こまっしゃくれた鳴き声など
とうの昔に聴き飽きた

ずるずる四の足音
歩む方向すら知らぬままに
ふらふら千鳥足 小瑠璃が笑う

道はか細い平均台
右も左も宵の光
どちらに落ちても奈落行き

辿り着いた濁世で
手招きをする曖昧宿
あんよが上手は床上手

虚構の嵩 百貫の屑

「また始まったよ」

繰り返す東雲の空 そこかしこから雛型の産声
荒れ果てた轍を通るとも知らずに

収まりつかぬ不相応の翼
くちばしから垂れる墨汁は 降り出す雨に滲み広がる
俄作りの鳥小屋じゃ雨宿りもできやしない
泥水すすり いざ

一匁の分銅に脅かされ 命の時間が迫る
急げ渡れ 遠浅の海 遠雷響く彼方まで
墨で塗り潰したその道に

差し込むは藍白の亀裂
拍手に飽きもせずに群れを成すは池の鯉

「見ちゃいけない!」

無い親指隠して通夜を飛び越えろ

障子破りお迎え
錆びた掛け金 夢の跡
早うこっちにいらっしゃいな

四畳半の鳥かご
謳うは有象無象の糞
値札も反古して香具師は薄笑い

底打ちの誉れを
羽繕いしながら鶴首して
千切って毟って丸裸

尼の匙を食い尽くし
そらあっちへこっちへ糧を探し
見上げりゃ屠殺場 後の祭り

眩い暈 水仙の園

「おやどこへ行くの?」

朝露に濡れる山苔に足を滑らせ見失う陽の向き
不遜の羽ばたきはいつかの落日

もろい橋に楔は打たれ 元より無い退路は断たれた
硝子を噛み砕き 小石を飲み込み
報われぬ天秤に飛び乗っては弾かれる
さえずる事も無く

一匁の御神を崇め続け 祈りの時間を憂う
急げ集え 八百長の舞台 鐘よ響け
有明の空は蜃気楼の楽園

救いの器で水浴び
墓守は公平な不公平に辟易

「■■■■■」

赦しを乞う御明かし消えた

成れぬ 弧を描く燕に
成れぬ けたたましい烏に
成れぬ 愛歌う雲雀に
成れぬ 雛鳥にさえも

一匁の分銅に押し潰され 命の時間を看取る
嬲り殺す 鳥目の世界 足掻き叫べど
菊戴の羽根を揺らす事も出来ず
雀の涙の傾きを吹聴してはまた灰を散らして

押し寄せる鶸色の漣に文句も言えずに
止まぬ猟銃 白黒つけろ 腐る果実齧り付き
忌々しい屑鳥を撃て

命の通わぬ窓に群れ
振り払った蚕がまた呻きをあげる前に
掌で蠢くその卵と共に死に晒せ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ふる feat.初音ミクさん『ひよこと天秤』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー