うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  ONE☆DRAFTさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      ONE☆DRAFTさんのCDへ   CD      ONE☆DRAFTさんの楽譜へ   楽譜  ONE☆DRAFTさん『のら猫達は知らない』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check ONE☆DRAFTさん『のら猫達は知らない』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
のら猫達は知らない
作詞 LANCE/RYO 
作曲 Mitsuki Shiokawa(P★G★L★M)
ONE☆DRAFT
いくら偉くなったってよ 好きな車に乗れたってよ
大豪邸に住んだってよ きっと寒くて凍えそうだよ
人間に褒められたってよ 何の賞を受賞したってよ
のら猫達は知らないってよ 手を舐めてここはどこ?ってよ

この街に来て僕は 何の縛りもなく歩く
星を眺め月明かりを背に 頼るものは何もないくせに
あぁ、ママは何処へ行っちゃった? 父ちゃんは見たことないや(笑)
目が覚めたら僕は独りきり 朝が来るのを待っていた
朝の光が差してきて 僕は旅を始めたんだ
右左を見回したら 世界が広がって怖かったけど
僕もやればやれるもんさ 狭いところも駆け抜けて
あぁ、いるのなら神様… 次はママといつ会えるのかな…

いくら偉くなったってよ 好きな車に乗れたってよ
大豪邸に住んだってよ きっと寒くて凍えそうだよ
人間に褒められたってよ 何の賞受賞したってよ
のら猫達は知らないってよ 手を舐めてここはどこ?ってよ

いつも魚を見せびらかしてる エプロン姿のおじさんが
僕の頭を3回なでて 珍しく笑ってくれたんだ
お魚を期待してみたけど ダンボールと毛布をくれたんだ
暖かくてたまらなくて 気づいたらいっぱい眠ってた…
目が覚めたら 次は僕は知らない人に連れて行かれて
夏の海みたいな部屋で おなかいっぱいご飯を食べさせてくれて
こんなに優しくされたのは初めてだから
ママを忘れそうになって 泣きながら僕は飛び出した…

いくら偉くなったってよ 好きな車に乗れたってよ
大豪邸に住んだってよ きっと寒くて凍えそうだよ
人間に褒められたってよ 何の賞受賞したってよ
のら猫達は知らないってよ 手を舐めてここはどこ?ってよ

夕焼け過ぎには 賑わう街明かりも溢れ
朝日の夜も月夜の朝も 目が覚めるまで

結局、僕は今も独りぼっちなのさ
もうどれくらい歩いて来たのかさえ わからないけど
夜になったら星を見つめ 朝が来たら歩き出して
優しさと冷たさの間で 今日は何が起こるんだろう…
いつものように歩いてたら 突然真っ白になって
空を飛べるようになったんだ そしてママを見つけ出したんだ YEAH!!
僕はなんでこんなにも 幸せすぎるんだ みんなにも
この喜びを分けてあげたい そしたらみんなも嬉しいのに…

いくら偉くなったってよ 好きな車に乗れたってよ
大豪邸に住んだってよ きっと寒くて凍えそうだよ
人間に褒められたってよ 何の賞受賞したってよ
のら猫達は知らないってよ 手を舐めてここはどこ?ってよ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ONE☆DRAFTさん『のら猫達は知らない』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで ONE☆DRAFTさん『のら猫達は知らない』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー