うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     おいしくるメロンパンさんのCDへ   CD      おいしくるメロンパンさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check おいしくるメロンパンさん『獣』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:113回 リリース日:2021年1月20日
作詞 ナカシマ 
作曲 ナカシマ
おいしくるメロンパン
春は母胎である冬の亡骸を食んで健やかに
白い毛皮を砂と太陽に汚す幼い獣
危篤を彷徨い落ちた山茶花たちの見る夢が
泥に変わり果てた故郷を発つ

牙を揃えても 血の味を覚えても
無垢の罪なら雨が洗い風が乾かすだろう

今 鏡のようなグラウンドへ落ちた朝が
すぐに僕らの影も拭い去ってゆくのだろう
ただ君の名前を叫んでみたい大声で
でも真空の世界に許された揺らぎはなく噤む
幾千の花言葉を借りて有り余る沈黙と

まだ食欲は絶えない
嗚呼残酷な唾液が
止め処なく溢れ出して

今 砂塵の中で写真機を構えた僕に
きっと君の姿は捉えられはしない
空を仰いだレンズ

夜が眩しい
君の身体にこの世界はもう狭い
次に君が眠りから覚めると僕はいない

今 君の手にした答を知るんだ僕は
目を覆いたくなる程に美しく食い尽くしてよ
ただ君の名前を覚えていたい最後まで
ほら真空の世界に許された揺らぎが一つ
歌う その旋律に合わせて君は命の限り踊る
そして薄れゆく思い出に宿る 次の春の命が

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

おいしくるメロンパンさん『獣』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー