うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     amazarashiさんのCDへ   CD      amazarashiさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check amazarashiさん『曇天』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
曇天
作詞 秋田ひろむ 
作曲 秋田ひろむ
amazarashi
とにもかくにも僕らの日常は奪われた 描いた未来ひび割れた その破片がこれだ
八つ当たりの罵倒やいらつき、自己嫌悪の里親 疑心暗鬼にとって心の陰こそがまほろば
天気予報ばかり気にして うつむき加減スマホで 今日も今日とて薄雲に太陽は朧げ
日照不足、長雨の令和二年、夏のわだかまり 綴る歌詞にも何故か湿っぽさが間借り

持ち合わせてるつもり人の為に痛める心 だけどもう噂話に配る余裕はない同情
人の知りたいって欲望は果てしない 時にはしたない その引力に逆らい唾を吐く罰当たり
悲劇にだって付いて回る数字と金勘定 人気投票はいいが無視されてる下位の感情
だから頷けない、売れたもん勝ちって価値観 結局は権威主義の上で尻尾を振れってまじか

出来るならばそんな騒ぎとは遠く離れたい 小さな幸福だけど無垢だからこそ馬鹿でかい
分からない奴は分からないままでいい 分かるべき奴だけが気付くテレパシーで作詩してる作品
昨日までと違う日常に右往左往している まるで捨て犬 「神様、仏様」ってフレーズ
ここで終わりか 駅前、シャッター街また増えてる せしめるだけせしめて与えない救世主

そうか行くのか この町の栄枯盛衰 訳は知っているから引き止めることもできずに
「またな」と言うな または来ないと知りながら 無理に笑うな 別れはすぐ癒えるかさぶた

もし明日事故にあったら もし明日会社が潰れたら もし明日愛する人が死んだら
もし明日疫病が流行ったら もし明日災害が起こったら
そんな「まさか」が 何度もあったこの数年を見てきたあなたが 手にしている花束
弱い者や少数派をないがしろにしてはいけないって訳は 明日なり得るあなたの姿だからだ

今日も鳴らすか 取るに足らない音楽と言葉を 今のところは一人で 祈りを没頭に結わえて
陶酔が晴らす憂鬱の煙霧を 出来るならば分かち合いたい仲間たちも してるはずだ苦悩を
今日の苦心が作る未来の高揚を 今日の落ち込みが作る事態の報告書
疑いそうになる自分を保つのは 結局は創作 たかが凡作 されど音楽

始まり彼方 音に連れられては遠ざかる 疲弊物語る けどこんな時こそ用がある
今日も曇りか 降らないだけましだ旅立て 後は任せた 今日の僕が行けぬ場所まで

そしてまた階段を一段一段下りてゆく 暗闇に心の葛藤だけが反響する
もう一人の自分と今日もそこで落ち合う 見張り合う発想には いつだって静寂が寄り添う
光によく似た 温もりとそっくりな 春の日差しと見紛うような まだ名前のない赤子は
祖父と似ていた 生と死の結び目、そこで僕は立ってた 名付ける前に僕が名付けられた

怒り苦しみ 悲しみだってどうせ消えない 新しい一日に完璧なんてもう求めない
それを知ったって生きてみたくなるような 喜びがあることを知ってしまった だから歩こうか
今日も曇りだ 雨は降らなそう 覗く車窓 人がまばらな公園で今日は遊ぼう
「暑いからマスクはしなくたっていいさ」 不安なく言えるのはまだ先か その未来は

忘れない為に書き殴る今日の出来事 エンドロールまだ来ない悪夢ならペンをとろう
やるせない令和に この空こそふさわしい 騒がしい巷に雲行き怪しい暮らし

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

amazarashiさん『曇天』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー