うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     Gorilla AttackさんのCDへ   CD      Gorilla Attackさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check Gorilla Attackさん『Gorillaむかしばなし』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Gorillaむかしばなし
作詞 ヒガシローランド/ニシローランド 
作曲 雲のすみか/ヒガシローランド/ニシローランド
Gorilla Attack
むかしむかし あるところに
そっと潜む Gorilla の影
くゆらした煙 たおやかな手付き 存外
まとった毛皮 まっくろ 終わりはいつも呆気ない
明けない夜はない
内緒の情事 終わらせたらベッド抜けて going
もっと強引に迫ってくれてもよかったのに
そっとため息落とし 素知らぬ顔で洗濯に
あの人は知らずにしば刈ってる 落日
確実なことなんてひとつもない世界で
作ってしまった秘密を抱えて
桃ではなく Banana 汚れきった身体
それでもこの子に罪はないから

昔々あるところ こと切れるのを待つところの老猿その半生
まさに不徳の致すところ
ただ待ち続ける 灯火が消えるまであと何年
伸び切った草木達に触れる悴む手
振り返る 何が悪い?力ならば有り余り 築いてきた確かな地位
弱肉強食 それだけ 何が悪い
人間共が残した包み あれこそ甲羅を持つ怨念の生まれ変わり?
滾る破壊衝動 少年らを介護 暴力こそバイブル 欲に踊る細胞
存在しないユーフォリア 神様らの言う通りならこの海の深層
確かに現存するユートピア
歳月は流れ瓦礫の山から芽を出した 大木も廃れ葉も付かないこの枯れ木の下
ただ待ち続ける 何も知らぬ Gorilla 息を静かに引き取る

俺たちは 変われない
何億年 経ってもさあ
愚かなまま生きていく それだけ それだけなの
Gorilla は 変わらない
何光年 隔てとも
気高い後ろ姿に 僕らは焦がれる

数多紡がれた物語
行き場のない感情 落とし込んだ 言の葉のなか
身体に 血潮に 刻まれてる本能
ハッピーエンドじゃ満足できない 衝動
あやまち 繰り返して台無しにしたい欲望
自分が求めてるだけ 孤独を
不幸になりたがってる すかさず なりたがってる

見たいものだけを見てる 都合のいいおめめで
まっくろに濁ってて 逆に きれい
コンプレクスとルサンチマン
こねこねして砕いては
つらいけど 頑張るしか
なんて、勝手に世界は進んでくのにね
知ってるくせしてトロフィーを
欲しているのね 意味はないよね
Gorilla は見てるよね

俺たちは 変われない
何億年 経ってもさあ
愚かなまま生きていく それだけ それだけなの
Gorilla は 変わらない
何光年 隔てとも
気高い後ろ姿に 僕らは焦がれる

俺たちが足掻いた様も
数千年後に笑われてるかもしれねえ
あるいは全米がお涙
形残らずともどっかしら
音が鳴ってればそれでいいだろう
十分すぎるだろう

あの日の亀も鬼退治のヤツも
こんなになると思ってなかったよ きっと
いついかなる時も顔のぞかせてる Gorilla
あいつらは歴史を見てる いつも見てる
嫌になるほど見てる

紙芝居 "GORILLA CITY"
これにて幕引き

むかしばなしは終わり
あなたは現実へと帰る
さよなら、さよなら・・・

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Gorilla Attackさん『Gorillaむかしばなし』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー