うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     164 feat.GUMIさんのCDへ   CD      164 feat.GUMIさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 164 feat.GUMIさん『GALAXY(Under my identity)』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
GALAXY(Under my identity)
作詞 164 
作曲 164
164 feat.GUMI
子供の頃に描いた歪な落書きを
誰にも見つからないようにそっと隠した

逃げるような 繕うような
弱い自分じゃなくなるように
ひとつふたつ 並べた音が問いかける

「君が今 描いた音はまだ」
「きっと誰も知らないけど」
「いつの日か誰かに届くから」
「この声に想いを乗せて」

心の深い所で忙しなく騒いでいた
視界に広がる銀河に願いを込めて

勇気もない 意気地もない
何も持たない僕の言葉を
ひとつふたつ 並べた音が動きだす

「君が今 まだ踏み出せないなら」
「どんな詩でも構わないから」
「いつの日か誰かに響くから」
「さあ君の夢を放って」

少しずつ浮かんでゆく 輪郭から熱を帯びて
失くした物 伝えたい事 まだ僕の内側にあったから

「君が今 描いた音がほら」
「鮮やかに色付いてゆく」
「この詩が 始まりの一歩さ」
「さあ勇気出して」

だから僕が今 描いた音がほら
形となり宙を舞って
いつの日か誰かに届くかな
遠い昔 思いを馳せた
この指の先の宇宙へ

この指の先の宇宙へ

子供の頃に描いた歪な落書きを
誰にも見つからないようにそっと仕舞った

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

164 feat.GUMIさん『GALAXY(Under my identity)』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー