うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     吉田山田さんのCDへ   CD      吉田山田さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 吉田山田さん『微熱』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
微熱
作詞 吉田結威 
作曲 吉田山田
吉田山田
不規則に並べた足跡 音符みたいだねと笑って
ありふれた冬の歌 楽しそうに歌ってた

名前さえ分からずに 胸にしまった想いが
不意にうずき出した Ah

どこまでも白く 降り積もる雪よ
2人でいれたら 何もいらなかった
開いた傷口は ほのかな熱を持って
遠い日の幸せを 溶かしていく

食べきれないほどのケーキも 華やかなディナーもなくたって
ただそこに2人でいられたらよかった

路地裏の公園で 静かに積もる雪を
見つめる君を見てた Ah

限りなく白く 残酷な雪よ
君が染み付いてる この街に何度目の
春が来る頃には 忘れられるかな

このままじゃダメだとわかってても
心のどこかでは求めてる
長い夢の中にいるような 胸の奥かきむしるような
幼気なその熱を

どこまでも白く 降り積もる雪よ
2人でいれたら 何もいらなかった
開いた傷口は ほのかな熱を持って
遠い日の幸せを 溶かしていく

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

吉田山田さん『微熱』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー