うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     JABBA DA FOOTBALL CLUBさんのCDへ   CD      JABBA DA FOOTBALL CLUBさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check JABBA DA FOOTBALL CLUBさん『国道9号線』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
国道9号線
作詞 JABBA DA FOOTBALL CLUB 
作曲 JABBA DA FOOTBALL CLUB
JABBA DA FOOTBALL CLUB
夜の国道をぶっ飛ばして
想像の僕の先へ行こうよ
こんなんじゃ足りない 痛みをもっと
ブルー突き抜け 今と踊ろう

ライフイズワンダホー
思えば遠くまできたもんだ
揺り籠から墓場 今夜が山だ
何回括りゃいいんだ この腹
時間とか不安とか もうキリねぇし
俺がただただバカだから走るしかない

I need mo fire mo mo fire
着火 Boom 燃やそうぜ今この瞬間
One way 待ったなし
熱と気持ちは膨張しっぱなし
冷静と情熱
パッと弾けた瞬間 また動き出す OK ?

目で見るな 耳で聞くな 頭で考えんな
速くもっと速く もっと×3 速く遠く
銀河の果てまで 見えなくなるまで
飛んでこう そんで退屈に謝ろう

夜の国道をぶっ飛ばして
想像の僕の先へ行こうよ
なりたい だけじゃ足りない
メモリー ジップロックしてさぁ

今は泣いて いっそ泣いて
全部だして 僕になって
こんなんじゃ足りない 痛みをもっと
ブルー突き抜け 今と踊ろう

長い夜を生き延びているのは僕らだけ
うんと高く飛んだ同い年のあいつも
CM 決まったあの子も みんな一緒らしいぜ
" 腹が減ったら飯を食う" っつーこと
あこがれてばっかで理屈ぽくなってさ
何も始まらない一日が終わりそう( 終わりそう)
ビビってるから
" 死ぬまでの暇つぶし" ってことにして行こう

きっと ずっとこんな調子?
動いたと思って止まったり
止まったと思ったら動いたり
リズム保つの スゴイダリぃ

幸いノータリン 大なり小なり
滑稽さも 書き出し 後悔
俺は俺 一体全体 どこまで行く!?

夜の国道をぶっ飛ばして
想像の僕の先へ行こうよ
なりたい だけじゃ足りない
メモリー ジップロックしてさぁ

Check 1.2 俺って言う名のパズル
どれだけ経ったら完成する?
夜通しやっても足りないピース
投げたくなって舌打つ

チッ
「この際もう
いびつなまんまでどっかにもう…」って
あなたが言ってくれるから
気付けた 行き先 身体が知ってるぜ

欠けたとこは後で After
埋めるこれが答え Answer
返事なんか無くて良いさ
降ってきたな小雨

止まれなんて無理だ
こちとら 星空
雨の後はきっと晴れだな

そりゃそうだ振り返りゃ昨日は楽しい
じゃ今日はどうだった ってちょっと怪しい
あの日の必死だった俺らのように
団地街チャリで飛ばしてたら外は真っ暗

今でも くたばらない感情
あのガムシャラが話のネタになる
不安になるのも当然
それでもComin' now
手探り探りまくりハプニングだって大歓迎

見える 日々の中に
見えない ものを 探し
泣きじゃくって 書き殴った
結果徐々にわかりかけてる

狭い街の空にも
あるさホライゾン
ほら行こう
どこに行くってそう

夜の国道をぶっ飛ばして
想像の僕の先へ行こうよ
なりたい だけじゃ足りない
メモリー ジップロックしてさぁ

夜の国道をぶっ飛ばして
想像の僕の先へ行こうよ
なりたい だけじゃ足りない
メモリー ジップロックしてさぁ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

JABBA DA FOOTBALL CLUBさん『国道9号線』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー