うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     amazarashiさんのCDへ   CD      amazarashiさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check amazarashiさん『マスクチルドレン』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
マスクチルドレン
作詞 秋田ひろむ 
作曲 秋田ひろむ
amazarashi
この世界は少し煩すぎるから カーテンを全部閉め切ったよ
結露した窓を擦って覗くように 恐る恐る世界を窺ってた
忙しい日々がやがて土砂となり それに憧れは埋没して
気付いた時には もうすでに手遅れで 息もできぬまま数年が経ってた

諦めの萌え木 レジスターの奴隷 心が腐らないように
冷凍する必要があった
弁当をレンジで温めながら 心溶かしてくれ 心溶かしてくれ

表情すら隠す癖に 分かってほしいだなんて
後ろめたくて当たり前 夜勤明け光る朝焼け
こんな一日の終わりに不釣り合い
まだ何も成してない 僕の今日を照らさないで

頭ん中が少し煩すぎるから 喜怒哀楽を全部殺したよ
うざい客の怒鳴り声も遠く響く その分ビールの本数も増えたけれど
飲み屋で同級生の自慢話には 相槌打って愛想よく
くだらねえと唾を吐く心の声に 一番くだらないのは僕だと青ざめる

昔描いてた 将来や夢は 最低賃金で売り払った
こっから歩む一歩の価値も
たかが知れてる どうせ底値なら 心躍る方へ せめて望む方へ

言いたい事言わぬ癖に 分かってほしいだなんて
無視されたって当たり前 東京に取り残されて
僕が居なくたって回ってく世界
まだどこにも行けない 僕の今日を無視しないで

僕は今日もマスクをして家を出る 口煩い東京から身を隠す為
言えない事を言わなかった事にする為 やれない事をやらなかった事にする為
そしたら僕の声も失くしてた 自分にさえ本音隠すようになってた

本当は飛び出したい癖に 僕なんかじゃ無理だなんて
「そんなことはないよ」だって 誰も言ってくれるわけねえ
そんな一日を幾つ殺して 僕は今最低に立ってる
僕の始まりには似合ってる

居ても立っても居られずに 家とは逆の方向へ
後ろめたささえ晴々 同じようで違う朝焼け
理想叶える為犠牲になってくれ 最低な幕開け
この始まりを照らしてくれ

死んでるみたいに眠ってる

法律を破りたい いい人なんか報われない
ホールデンとかディーン・モリアーティ 車を盗んで逃げ出したい
所詮僕など俗物だ でもそれに居直るような
物質の奴隷はごめんだ 命の喜びは裏切れない

悲しみだって喜びさ 何もそれは現実逃避じゃなく
震えるこの身の震源地が 恐れの向こうで脈動するから

死んでるみたいに眠ってる 泥を掴む度汚れてく
耳をそばだて聴いてみる 寝息は未来の匂いがする

精神的にまいっちゃった 原っぱ寝そべって休みたい
そいつを僕は罵った もっと働けと罵った
断固として過去は否定したい 青春は安寧との闘争だ
新しい歌を歌いたい ラジカセで聴いたフォーエバーヤング

死んでるみたいに眠ってる 悲しみの眉間を撃ち抜く
枕元には修羅が立つ 涙を流して怒ってる

間違ってることは支持できない それは根本的な尊厳だ
野垂れ死ぬなら本望だ 僕のまま僕を終えるなら

死んでるみたいに眠ってる 誰かが遠くで手を振ってる
僕はそれを無視してる 見えているけど無視してる
死んでるみたいに眠ってる 泥を掴む度汚れてく
耳をそばだて聴いてみる 寝息は未来の匂いがする

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

amazarashiさん『マスクチルドレン』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー