うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     金田たつえさんのCDへ   CD      金田たつえさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 金田たつえさん『さいはて女工節』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
さいはて女工節
作詞 不明/補作詞:杉紀彦 
作曲 不明
金田たつえ
誰が知るやら 知らぬやら
遠い昔の 忘れ唄
海は何にも 語らぬが
あら風が吹きゃ きこえる女工節

……あなた様、流氷をご存知でございますか。
あの海の彼方の島々に、昔はどっさりと、
かんづめ工場があったそうでございます。
そうして、寒い海渡って働きに行った女たちが、
淋しさも、つらさも、この歌ひとつに託して
生きていたと聞いております。
女工節唄うと、私のような女の胸にも、
流氷の音が、
きこえて来るのでございますよ……。

故郷(ふるさと)はなれて 来ておれば
文の来るのを 待つばかり
たった一度の 便り船
あら今日もまた 来るやら来ないやら

かんづめ工場に 二度来る者は
親のない子か 片親育ち
親は草葉の 陰で泣く
あら私ゃ工場の すみで泣く

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

金田たつえさん『さいはて女工節』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー