うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     徒然なる操り霧幻庵さんのCDへ   CD      徒然なる操り霧幻庵さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 徒然なる操り霧幻庵さん『浮世に舞ふは刹那の華』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
浮世に舞ふは刹那の華
作詞 磯谷佳江 
作曲 小野貴光
徒然なる操り霧幻庵
色は匂へど 切なき心模様
嗚呼 悲願抱き 彼岸へ渡るは誰ぞ

水面に揺れる曼珠沙華のくれなゐに
ひらり―あれは蝶か咎人か

泡沫の恋の旋律(しらべ) 生命燃やすやうに
歌ふ かの日の喧噪
無垢で愚かで だけど愛おしい
浅き夢に魅せられて

浮世に舞ふは刹那の華 二度とは来ないこの刻を
遊べ 遊べ 煌らが如く 気高き音色
数多の不条理を知っても なおも艶めくこの想い
刻め 刻め 永久の果てまで

夢は散れども 棚引く紫雲の天(そら)
とうに無き 憧憬の随(まにま)に 流るる雲

還らぬ人が笑みを浮かべ其処にゐる
ついと落ちた泪 酔ひもせず

極彩をまとう鳥は 悠か巡り翔けて
何を その眼に映すか
花鳥風月 栄華に零落
寄せて返す 波のやう

むせ返る花の香に揺れて 言ノ羽(は)に乗せた願いよ
高く 高く いざ舞い上がれ けふ越え往かん
嘆きと退廃の宴に 興ずるが人の性(さが)なら
詠え 詠え 忘れじの日を

千里の海越へて 色褪せぬ想ひ出は
時を経てなお鮮やかなままに 胸に生き続けてる

浮世に舞ふは刹那の華 幽かな痛みに揺蕩ふ
巡り 巡る この身の全て 掻き鳴らしませう

浮世に舞ふは刹那の華 二度とは来ないこの刻を
遊べ 遊べ 煌らが如く 気高き音色
数多の不条理を知っても なおも艶めくこの想い
刻め 刻め 永久の果てまで

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

徒然なる操り霧幻庵さん『浮世に舞ふは刹那の華』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー