うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     徒然なる操り霧幻庵さんのCDへ   CD      徒然なる操り霧幻庵さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 徒然なる操り霧幻庵さん『夜咲太鼓輝や打ち』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夜咲太鼓輝や打ち
作詞 仰木日向 
作曲 伊藤翼
徒然なる操り霧幻庵
汗ばむ浴衣にざわめく
五穀豊穣 祭の音色
童しと翁のならぶ影は
下駄のころころと

明くれば 祭は片付く
さも「宴はたけなわ」との声
いそがぬ童の よもやまさか
大人びせむとは

いつのまにやら風は
無情 幾度の春こえて
忘れかけた祭歌
否 遊び名手の手前
十八番 いま御覧じろ

鳴らせ 鳴らせ 轟りゃんせ
花火が上がればなんやらへい
此れぞ夢を語る夜咲太鼓
囃す音頭は輝や!

たまや かぎや 競いやんせ
恋も夢も宝島
努々 老いぼれまいぞ
纏う背中 ほら ドンカラ
ドンカラドンカラ 鳴らせ

おやおや こちらは強面
まさに職人気質の結び
星の子あやせぬ恵比須顔は
今日も夢を見ぬ

たくらみ 越後屋は笑う
弾く算盤の「ねがいましては」
商う銭も夢のひとつか
こちらも微笑む

夜に響くは花火
刹那 ひらき消えてゆく花
風に流る残り香は
打て 空に響く和太鼓
乱れ打つ星の歌

踊れ 踊れ 踊りゃんせ
同じ阿呆なればなんやらへい
しばりこむハチマキ 商売繁盛
老いも若きも輝や!

笑え 笑え 泣きやんせ
これぞ夢の舞台裏
まだまだ打ち上げ太鼓 響く
響く空 ドンカラ
ドンカラドンカラ 鳴らせ

春の終わりはまるで
"夢の終わり"などまことしやか
いくつの春を経ても夢は見れぬ
産声上げて登る
花火の尾は金の龍か
見上げる皆々
瞳とじることなく 夢を見る

さて 祭仕上げの太鼓
ひらく大詰めの花

鳴らせ 鳴らせ 轟りゃんせ
若勢が揃うたらなんやらへい
誰ぞ夢を語る 夜咲太鼓
鳴らす音頭は輝や!

たまや かぎや 競いやんせ
恋も夢も宝島
努々 老いぼれまいぞ
纏う背中 ほら ドンカラ
ドンカラドンカラ 鳴らせ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

徒然なる操り霧幻庵さん『夜咲太鼓輝や打ち』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー