うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     古市左京さんのCDへ   CD      古市左京さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 古市左京さん『光』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
作詞 松崎史也/Yu(vague) 
作曲 Yu(Vague)
古市左京
「マイポートレイト 古市左京

もうずいぶん長いこと、夢から目を背けて生きてきた。
母親は女手一つで俺を育ててくれた。
貧しくて、部活も遊びも、金のかかることは何一つできなかった。
毎日寄り道もせずまっすぐ学校から帰る。母親は遅くまで働きに出ていて、
誰もいない家に帰るのが嫌で仕方なかった

ある日、学校からの帰り道に、見たことのない建物ができていた。
中を覗くと、大人達が楽しそうに芝居の稽古に励んでいた。
オレと…MANKAIカンパニーが出会った日だ」

暗く沈んだ闇の中で
俺を呼ぶ声が聞こえた
その声は無邪気で力強く
人生に光をくれた

「あのとき、オレの手をつかんで離さなかった少女の手の温もりは、
今でも忘れられない…」

後悔すらちゃんとできずに
季節だけが通り過ぎてく
埃をかぶった心を
いつか磨いてやれるだろうか…

「高校を卒業した俺は、ヤクザの下っ端のような仕事を始めた。
家を助けるためとはいえ、ヤクザになる道を選んだ自分が足を踏み入れて
いい場所じゃない。オレはいつしか、稽古場に顔を出さなくなった」

「それでも、劇団の公演はかかさず観に行った。
だから、劇団がどんどんさびれていくのは嫌でも目に入った。
この劇団に人が寄りつかなくなったら、少女や幸夫さんとの縁まで失われ
てしまう…。
金を貸そうと思ったのは、それが理由だ。どんな方法を使っても、
自分自身の手で劇場の活気を取り戻そうと思った」

本当はずっとずっと芝居がしたかった
この劇場の舞台に立ちたかった
でも、今の俺はこんな方法でしか
劇団に関われない

「劇団が一番大変だった時に、支えることもできなかった。
幸夫さんへの恩返しもできなかった。
それが俺の人生最大の後悔」

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

古市左京さん『光』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー