うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     江雪左文字(佐藤亜美菜)/小烏丸(大和田仁美)/武蔵正宗(金魚わかな)さんのCDへ   CD      江雪左文字(佐藤亜美菜)/小烏丸(大和田仁美)/武蔵正宗(金魚わかな)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 江雪左文字(佐藤亜美菜)/小烏丸(大和田仁美)/武蔵正宗(金魚わかな)さん『夏色紋様』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夏色紋様
作詞 磯谷佳恵 
作曲 小野貴光
江雪左文字(佐藤亜美菜)/小烏丸(大和田仁美)/武蔵正宗(金魚わかな)
走る 追いかける
高鳴る鼓動
揺れて 揺らめいた
夏色紋様
夢は刹那 愛し君よ
胸に響く 蝉時雨

心浮き立つなど らしくもない されど
熱を帯びた 頬が緩む
うれしいのになぜか ざわざわする気持ち
あなたのせい…なのかな…ん

あっちもこっちもたわわ
だってもう待ちきれない(ドキドキ)
青い海と広がる砂浜
どうかどうか このままずっと
なんてなんて 言わないけれど

駆け抜けて どこまでも
水平線の彼方できらめく
金平糖みたいに甘く淡い
まばゆさに焦がされて

もう 止められないと 止めたくないと
願う自分を 誤魔化せないよ
光る飛沫浴びて夏に
飛び込んで さあ
アツい魔法かけて

心乱されたり 言葉探すほどに
絡まりあう 感情(おもい)の糸
剣も恋も同じ どんな勝負事も
機を見極め 勝ち取る…ハッ!

永遠なんてない でも
水晶が映すのは(●●キラキラ)
ひとつふたつ 増えてく想い出
きっときっと これからもっと
なんてなんて 期待しながら

眩しさに 目を細め
翼広げ明日へと羽ばたく
明けても暮れても不思議なほど
ときめいてしまうから

ねえ 何処まで行こう?何処までだって
一緒なら…そう 構わないから
一度きりの光景(けしき) 夏を
焼き付けたいの
アツい思い抱いて

真っ直ぐ?大胆?だってね 結ばれたい!
誰かじゃなくわらわだけ見て欲しい
あなたが誰かに笑うたびに
チクリ胸が痛いのはどうして?
見上げれば またたく夢花火
きらきら ずっと…

眩しさも 戸惑いも
全部かけがえのない瞬間
蜃気楼の中で 揺らめいてる
いとしさ抱きしめて

駆け抜けて どこまでも
水平線の彼方できらめく
金平糖みたいに 甘く淡い
まばゆさに焦がされて

もう 止められないと 止めたくないと
願う自分を 誤魔化せないよ
光る飛沫浴びて 夏に飛び込んで 今
アツい夢の中へ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

江雪左文字(佐藤亜美菜)/小烏丸(大和田仁美)/武蔵正宗(金魚わかな)さん『夏色紋様』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー