うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     杏沙子さんのCDへ   CD      杏沙子さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 杏沙子さん『とっとりのうた』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
とっとりのうた
作詞 杏沙子 
作曲 杏沙子
杏沙子
ぬるくなった缶ジュース
口に含んで飲み干した
古くなったスーツケース
さぁもうそろそろ行かなくちゃ

夕日が溶けていく 湖山池
今日の砂時計はあと少しでもう終わる

「ここにはなにもない」
そう言って離れたくせに
またわたしここで息をしている
この場所にだけあるなにかを
たしかに吸い込んで
また歩き出す この場所から

空になった缶ジュース
掠れた声で風が歌ってる
歩いてきたこの道を
辿っていつもの出発ロビーまで

スーツケースが新しいころは
違う夕日 ここから見てた
やり残したことがまだある
今日よりもっと向こうに
風は明日へと水面を走っていく

「ここにはなにもない」
そう言って離れた先で
もしわたしどこか一部欠けても
この場所にだけあるなにかで
たしかに誰でもないわたしにもどる

「ここにはなにもない」
そう言って離れたくせに
またわたしここで息をしている
この場所にしかないなにかを
たしかに吸い込んで
また歌い出す この場所から

最終便に乗り込んで
離れていったわたしの街を
窓から見てこぼれ落ちた
言葉と声でこの歌がある

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

杏沙子さん『とっとりのうた』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー