うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  岡崎体育さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      岡崎体育さんのCDへ   CD      岡崎体育さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 岡崎体育さん『Jack Frost』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Jack Frost
作詞 岡崎体育 
作曲 岡崎体育
岡崎体育
雪原の上空に生い茂る 結晶の花に瞳を
音を包み静かに少しずつ寝相を変え
標高八千米の槍先 四季の浅い未踏の森
絵に起こすには適わないと 手に触れる 眼を伏せる

舌を撫でた空気はやがて喉を潜り体を冷やし 朝を告げ
肩を竦め身を寄せ合う番の雪豹と月明かりは解けてゆく

夥しい白に声を失い 吸い込まれて消える

幽玄な境界線 土の褥に張り付く影なき日向に腰を下ろしてみると
空想の点と線 変哲のない借家の生活に膜を張り何者にもなれずにいる

少しずつはだけていく冬 着飾るもの全てを憂い 眼を背け
葉の腹の雫は零れ ここで息を閉じていいかと思う

夥しい白に耳を傾け 組み込まれて消える
夥しい白に声を失い 吸い込まれて消える

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

岡崎体育さん『Jack Frost』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー