うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  vistlipさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      vistlipさんのCDへ   CD      vistlipさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check vistlipさん『And The Beauty.』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
And The Beauty.
作詞 Tohya 
作曲 Tohya
vistlip
これから唄うこの物語は誰の心に響くのでしょうか。
大切にして欲しいモノがある。
大切にして欲しい日々がそこにある。

注がれた愛は追加、追加、必要以上。
好きな器へと移し替えてご自由にどうぞと。
口をつけるだけ、同じ味に飽きて排水溝へ。
それぐらい何でもなかった。

テーブルの上にはいつも通りに器が並びました。
感想も云わずに席を離れて、背中にぶつかる声を扉で遮断した。

段々と僕は独りで歩いた。
そうじゃなくても、そう思い込んだ。
浮かぶ光を払い除けながら。
舌打ちをして遠ざけながら。

テーブルの上にはいつも通りに器が並びました。
「沢山あるから」と残し始めて座りもしないのはいつからだっただろうか。

誰も悪くない。
誰のせいでもない。
僕は自分に殺されかけていた。
好きだった歌も喉を通らないぐらい僕は僕を嫌い壊れ始める。
すぐ傍にある愛さえ見えないまま。

僕を抱きしめた冷たい冷たいあなたの腕はこの世界で何より美しい。
今はそう思えた。

テーブルの上にはいつも通りに器が並びました。
「これで最後」だと「売り切れです」と
あの頃のままの疲れた笑顔で。

テーブルの上にはいつも通りに器を並べました。
そこに注がれたあなたの愛を思い出しながら僕も誰かに注ぐよ。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

vistlipさん『And The Beauty.』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー