うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     Bird Bear Hare and FishさんのCDへ   CD      Bird Bear Hare and Fishさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check Bird Bear Hare and Fishさん『骨の音』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
骨の音
作詞 尾崎雄貴 
作曲 尾崎雄貴
Bird Bear Hare and Fish
失った腕が今も痛む 這いずり回って君を見つけた
太陽が海に落ちるのを見た もう何も見なくていい

それからはずっと 朝がくることはなく
君の瞳だけが見えた

愛の weight on 瞼 4 掛けても割れない
もう忘れないと言って ねぇ僕のそばにいて

雨を降らせて 井戸を満たしても
乾ききっている喉のようだ
蒸発していく そして地にまた戻る
君との行為後の眠気

愛の weight on 瞼 4 掛けても割れない
もう忘れないと言って ねぇ僕のそばにいて

失った腕が今も痛む これは治せない 代わりもいらない
太陽が海に落ち着くのを見た すべての重みを乗せ

救いの死がある
生まれ変わるための
灼熱の中に身を投げよう

愛の weight on 瞼 落として ねぇ僕は愛せるよ
君の身体の重みに軋んでいる 腕の骨の音を聞かせて

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Bird Bear Hare and Fishさん『骨の音』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー