うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     刀剣男士 formation of つはものさんのCDへ   CD      刀剣男士 formation of つはものさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 刀剣男士 formation of つはものさん『散るは火の花』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
散るは火の花
作詞 浅井さやか(One on One) 
作曲 YOSHIZUMI
刀剣男士 formation of つはもの
「ぎおんしょうじゃの~かねのこえ~」
「諸行無常の響きあり」
「娑羅双樹の花の色」
「盛者必衰の理をあらはす」
「おごれる人も久しからず」
「ただ春の夜の夢のごとし」

二つの力 ぶつかれば
散る 激しき火の花
咲き乱れ 咲き狂い
跡に残るは 一面の血の海
朱殷(しゅあん)に染まった 結末

「寿永三年二月。一の谷にて」

断崖絶壁を背に 陣を敷く平氏
崖の上の 義経公は言った

「絶壁を駆け下り 奇襲をしかける」

迷うことなく 先陣を切る 勇ましき背中

「戦の申し子」

下りきる前に 勝鬨を上げた
その声が咲き散らす 勝利の火花

「寿永四年二月。屋島にて」

時は夕刻戦場は 休戦状態
小舟一隻 平氏からの挑発

「この扇の的を 射抜いてみよ」

もしも外せば 源氏の名折れ
義経公に 嗾(けしかけ)られた

与一の覚悟
与一の覚悟

「なむはちまん」

見事射抜いて 凱歌が上がる
その歌が咲き散らす 勝利の火花

「寿永四年三月。壇ノ浦にて」

二つの力 ぶつかって
舞う 美しき火の花
咲き乱れ 咲き狂い

「はじめは潮流に乗った平氏方の優勢」
「しかし、潮の流れと共に形勢は逆転」
「敗北を悟った平氏一門は次々と海へ身を投げた」
「そんな中、平家随一の猛将、平教経は敵の大将を
道連れにしようと、義経の船に飛び乗った」
「が、しかし!!」

ひらり飛び ゆらり飛び
船から船へ
ひらり飛び ゆらり飛び
平家最期の海
朱殷(しゅあん)に染まった 結末

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

刀剣男士 formation of つはものさん『散るは火の花』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー