うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     KANA-BOONさんのCDへ   CD      KANA-BOONさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check KANA-BOONさん『線香花火』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
線香花火
作詞 谷口鮪 
作曲 谷口鮪
KANA-BOON
ベランダで並んで夜風に当たれば
生ぬるい温度と都会の匂い
居場所を時々見失う僕を
世界と繋ぐのはいつも君だったな

大通り走る車の音すら
メロディーになって僕らを包んだ
終わりがくること忘れるくらいに
魔法に肩まで浸かっていたんだ

些細な思い出がいつまでも消えないまま

過去に生きてちゃいけないこと
わかってる、それでも
一人、ベランダ、零れ落ちてく
涙と線香花火

パチパチと燃える花火の灯りで
キラキラと光る君の横顔が
落とした火種の焦げ跡みたいに
まだ残ってる

過去に生きてちゃいけないこと
わかってる、それでも
一人、ベランダ、零れ落ちてく
涙と線香花火

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

KANA-BOONさん『線香花火』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー