うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     梅宮辰夫さんのCDへ   CD      梅宮辰夫さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 梅宮辰夫さん『十九の春』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
十九の春
作詞 沖縄俗謡歌/補作詞:本竹裕助 
作曲 沖縄俗謡歌
梅宮辰夫
私があなたに ほれたのは
ちょうど 十九の春でした
今さら離縁と 言うならば
もとの十九に しておくれ

もとの十九に するならば
庭の枯木を 見てごらん
枯木に花が 咲いたなら
十九にするのも やすけれど

みすて心が あるならば
早くお知らせ 下さいね
年も若く あるうちに
思い残すな 明日の花

一銭二銭の 葉書さえ
千里万里と 旅をする
同じコザ市に 住みながら
あえぬ吾が身の せつなさよ

主さん主さんと 呼んだとて
主さんにゃ 立派な方がある
いくら主さんと 呼んだとて
一生忘れぬ 片思い

奥山住まいの ウグイスは
梅の小枝で 昼寝して
春が来るよな 夢をみて
ホケキョ ホケキョと 鳴いていた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

梅宮辰夫さん『十九の春』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー