うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     関取花さんのCDへ   CD      関取花さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 関取花さん『彩光』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
彩光
作詞 関取花 
作曲 関取花
関取花
寝息を立てる小さな赤子 無邪気な少年少女
颯爽と駆ける青年たちと 手をつなぐ老夫婦

がらんどうのその瞳で私はただ見つめていた
胸の奥が締め付けられた 何かがまた溢れ出した

嗚呼 あの日指で描いた
あたりまえはそこにあったんだ
嗚呼 なぜかしら 嗚呼 なぜかしら
気づけばただ涙が流れていた

風にその身を任せてただ揺れている緑たち
春はまだかと夢を見てる小さなつぼみたち

がらんどうのその瞳で私はただ見つめていた
言葉なんていらぬみたいだ 何かがまた溢れ出した

嗚呼 あの日指で描いた
あたりまえはそこにあったんだ
嗚呼 なぜかしら 嗚呼 なぜかしら
気づけばただ 涙がまた流れていた

私はただ 感じていた
私はただ 生きていた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

関取花さん『彩光』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー