うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     せきぐちゆきさんのCDへ   CD      せきぐちゆきさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check せきぐちゆきさん『僕を友と呼べますか』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
僕を友と呼べますか
作詞 関口由紀 
作曲 関口由紀
せきぐちゆき
下宿先の 物干し台に寝ころがって
きみと僕は 冬の星座をながめていた
流れ星のたび 起き上がるきみに
どんな願い事だと 冷やかし たずねたら
たった一言きみは応えた 想い伝える勇気が欲しいのだと

春はめぐり 可愛い姪っ子がくれたんだと
シャボン玉を 物干し台から飛ばしながら
きみはつぶやいた 壊れて弾けるシャボンのように
自分も壊れて消えたいと
冗談よせと肩を叩いた 明くる日きみは 荷物とともに消えた

ああ 季節が過ぎて行く ああ どこかで笑い声
振り向き呼びかけても あの頃は帰らない

ある秋の日 協会で式を挙げました
僕の花嫁が きみがいればと言ってました
元気でいるなら それでいいけどと
笑う彼女から僕は そっと目をそらした
九月の空は冷たいほど青く
シャボンがひとつ 舞い上がって 弾けた

ある夏の日 きみによく似た人見掛けて
商店街を 過ぎて行くバスを追いかけた
応援するよと 遠いあの冬の日
励ます僕にきみは 照れ臭そうにうなずいた
なのに彼女に きみより先に 僕はだまって愛を告げたんだ

どれほどきみが彼女を 想っていたか知っていた
夏のゆがみの中へ バスは飲み込まれた

久しぶりに 仲間と集まった帰り道に
僕は一人 冬の星座を眺めていた
誰が言ったのか どこで知ったのか
きみがすでにこの空の星になっていたなんて
冗談よせと肩を叩いた あれがきみとの最後になりました
冗談よせと肩を叩いた 僕の右手でシャボン玉 弾けた

ああ 季節が過ぎて行く ああ 遠くで笑い声
振り向き呼びかけても 誰一人答えない

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

せきぐちゆきさん『僕を友と呼べますか』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー