うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     UruさんのCDへ   CD      Uruさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check Uruさん『追憶のふたり』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
追憶のふたり
作詞 Uru 
作曲 Uru
Uru
気付いていた 優しい嘘
千切れるように遠ざかる
消えていく追憶のふたり

どんな風に生きていたの
歩き疲れたその足で
幽かな灯をともしては一人
泣いていたの

伝えたかったはずの言葉は
喉の奥 するりするりと
通り過ぎては音を失くして
涙に代わっていく

あなたの事を想う度に
幸せであるよう願っていたよ
もしも叶うのなら
最後に一度だけでいい
抱きしめて欲しかった

どんな夜を 過ごしていたの
夢から覚めた後でも
その続きを見るように一人
震えていたの

手を繋いでは その輪郭を
なぞるように確かめ合ったね
結んだ糸を 解いてくように
涙が溢れていくだけ

あなたに恋い焦がれ
あなたを愛した
確かな時間があったから
どんな運命だって
許せてきたでしょう
なのにこんなに胸が苦しいのは

私の中にまだあなたがいて
いつかまた会える日を待ってたから
たった一度でも心通わせた日々を
二人を

あなたの事を想う度に
幸せであるよう願っていたよ
もう会えないとしても
あなたと同じ時間を 明日を
生きていくよ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Uruさん『追憶のふたり』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー