うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     Maison book girlさんのCDへ   CD      Maison book girlさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check Maison book girlさん『十六歳』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
十六歳
作詞 サクライケンタ 
作曲 サクライケンタ
Maison book girl
夜が明けた地下鉄、コートを着た二人の階段の足音に白い息が溶けてゆく。

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

ただ願っているの。出口を探して街の音を聴いてるだけ。
黒い人たちが地下街を混ぜて、逃げてばかりいるの、まだ。

歩道橋の上から、緑色と黄色が眩しくて目を閉じた。鉄の匂いが漂う。

まだ覚えてるかな 唇に塗った想い出はもう忘れたの。

愛されたいとか思ってもいいの。きっと誰かは泣いてるの。
交差点の中で見失っていった手と手、冷たい日の朝。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Maison book girlさん『十六歳』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー