うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     九頭玲央/瀬尾浩太(雪白東(柿原徹也)/高遠丞(佐藤拓也))さんのCDへ   CD      九頭玲央/瀬尾浩太(雪白東(柿原徹也)/高遠丞(佐藤拓也))さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 九頭玲央/瀬尾浩太(雪白東(柿原徹也)/高遠丞(佐藤拓也))さん『正体』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
正体
作詞 杉山勝彦 
作曲 杉山勝彦
九頭玲央/瀬尾浩太(雪白東(柿原徹也)/高遠丞(佐藤拓也))
▲優しくなんてするなよ 苦手なんだ
逃れられない 別れが辛くなる
いつの間にか 見慣れた君の寝顔
どんな言葉 かけて旅立てば良い?

◎時がどんなに流れたって
きっと忘れないから
Ah 君よどうか 良い夢を

◎本当は

◎首筋を甘く噛んで 赤い血と戯れたい
本能が叫ぶのに 耐え続けていたんだ
もし君が嫌なヤツなら そのすべて奪ったのに
喉が渇くほどに 心は潤ったから
優しく響く君の寝息に
僕は孤独を恐れはじめる

▽もしも背負う十字架が重くて
苦しい夜は 俺が肩を貸すよ
悲しい瞳(め)した お前が立ち去るの
指を咥え見てられるわけない

◎違うもの排除するのは
人の性だけれど
Ah 僕ら何したと言うんだ

◎だけどもし

◎普通だと言える人に 生まれ変わるとするなら
光浴びる公園 君と歩いてみたい
友情という希望なのか 愛情という救いなのか
暗闇照らしてる感情で胸が痛い
寝返りうった君の背中を
焼き付けるように瞳を閉じる

▽半端な覚悟なんかで 連れていけとは言わない
◎似たもの同士なんだよ きっとふたりの正体

◎本当は

◎首筋を甘く噛んで 赤い血と戯れたい
本能が叫ぶのに 耐え続けていたんだ
もし君が嫌なヤツなら そのすべて奪ったのに
喉が渇くほどに 心は潤ったから
優しく響く君の寝息に
僕は孤独を恐れはじめる

▲人にかぶれた自分を笑い
暗闇の中 独り歩き出す

▲→九頭玲央
▽→瀬尾浩太
◎→二人

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

九頭玲央/瀬尾浩太(雪白東(柿原徹也)/高遠丞(佐藤拓也))さん『正体』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー