うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     BUD VIRGIN LOGICさんのCDへ   CD      BUD VIRGIN LOGICさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check BUD VIRGIN LOGICさん『Monologue』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Monologue
作詞 磯谷佳江 
作曲 小野貴光
BUD VIRGIN LOGIC
カタチのない哀しみに侵されたこんな世界で
名前を呼んで 抱きしめて

叩きつける雨に烟る街の灯り
ふたり並んで眺めてた
行き場なんてなくて だけど君が居れば
そこが私の場所だった

罅割れた鏡が映すのは モノクロームの夢の化石
君は何を望む?

まだ死んでいない運命が生きたがるのは
惰性とかそんなのじゃなくて じゃあ何?
自意識の果てで 零れ落ちた祈り
全て終わる前にどうか 愛を頂戴よ

We cannot undo the things that we did その願いの代償に
孤独なんて見えないくらい 笑ってあげるから
傍にいてください どうか―

いつか止んだ雨といつか消えた何か
君は気づいていたのかな
間違いなくあの日真実だった言葉なのに
今はもう空っぽで

偽りの彼方の煉獄で 透き通ってく罪(きおく)の色
…君は何処に居るの?

もう此処にはない感情が突き刺さるのを
感傷だと切り捨てて片付けないで
無機質な空の向こう側に 二度と
触れられない切なる時間(とき)があると言うなら

I cannot forget the things that I did 愚鈍な大人に告ぐ
正義なんて傲慢なモノ 壊してあげるから

虚ろに巡る季節の葬列にただ並ぶかつての希望
届くはずのない声 それでも続いてゆくMonologue

ねぇ耳の奥に残ってる雨音は何故
こんなにも激しいのに優しいのだろう
居たくて 痛いと言えなかったことも
君は全部知って傷ついていたんだろう

まだ死んでいない運命が生きたがるのは
惰性とかそんなのじゃなくて じゃあ何?
自意識の果てで 零れ落ちた愛は
今もなおも蹲って 君を求める

We cannot undo the things that we did その願いの代償に
孤独なんて見えないくらい笑って この詩を
永遠に君に捧げよう

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

BUD VIRGIN LOGICさん『Monologue』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー