うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     メガマソさんのCDへ   CD      メガマソさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check メガマソさん『削り氷にあまづら入れて』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
削り氷にあまづら入れて
作詞 涼平 
作曲 涼平
メガマソ
俯いた顎、滴が萌ゆる口の端は光っていた。

古ぼけた夜道の、すっとぼけた灯りたち、寝ぼけた僕、はっと目覚める。
幻想的な夜道の、抒情的な灯りたち、それは君のせいだ。

君の髪に挿した簪の音、涼やかに僕に響いた。

真夏に君が作りだす世界、僕は直視できない。
眩しい君のそのシルエット、夏氷差し出し、覗く。

「もしも僕が君の恋人だったらって、想像したことがあると思う?」
そんな軽口だって、空想でしか言えないよ。
絶対君は笑う。

君が口に運ぶ氷を見たら、しろしろと僕も溶け出す。

僕は夢見る、君を。
僕が誘って、手をつなぐ。

真夏に君が作りだす世界、僕は直視できない。
眩しい君のそのシルエット、夏氷差し出し、覗く。

どこかで、運命よ間違えてくれよ、僕はまだ夢見てる。
きっと次の人生で、もっと君と近くなる。
一緒に氷、食べている。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

メガマソさん『削り氷にあまづら入れて』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー