うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     三山ひろしさんのCDへ   CD      三山ひろしさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 三山ひろしさん『長編歌謡浪曲 元禄桜吹雪 決斗高田の馬場』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
長編歌謡浪曲 元禄桜吹雪 決斗高田の馬場
作詞 北村桃児 
作曲 山倉たかし
三山ひろし
一、
江戸は夕焼け 灯ともし頃に
夢を求めて みなし子が
国の越後の 空を見る
顔も赤鞘(あかざや) 安兵衛が
何時か覚えた 酒の味

二、
喧嘩するなら 相手になろか
俺は天下の 素浪人
真武士(まことぶし)なら 男なら
やると決めたら 安兵衛は
行くぞ白刃の 只中へ

のりやのばあさんが差出した
手紙を開く中山安兵衛
急ぎしたため参らせ候
堀内源左衛門先生道場で
深く知り合い
叔父甥の
義を結んだるこの菅野
引くにひけない武士の意地
村上兄弟一門と
高田の馬場で果し合い
六十すぎた拙者には
勝目は一つも御座無く候
後に残れる妻や子を
お願い申す安兵衛殿
文武秀れたそなたじゃが
酒をつつしみ身を修め
天晴れ出世なさるよう
草葉の陰から祈り参らせ候と
涙で書いた遺言状

安兵衛「ばあさん、今何ん刻だ。何、辰の下刻か。うぅむ、高田の馬場まで後半刻、南無や八幡大菩薩、此の安兵衛が行きつくまでは叔父の身の上守らせ給え。ばあさん、水だ、水を呉れ!」

関の孫六わし掴み
牛込天竜寺竹町の長屋を飛出す安兵衛は
小石を蹴とばし砂巻き上げて
宙飛ぶ如く駆けてゆく
此れを眺めた大工に左官
床やも八百やも米やのおやじも魚やも
それゆけやれゆけ安さんが
大きな喧嘩を見つけたぞ
今夜はたらふく呑めそうだ
後から後から付いて行く
一番後からのりやの婆さん息を切らして
ヨイショコラショ ヨイショコラショ
安さん安さん
喧嘩は止しなと駆けてゆく
高田の馬場に来てみれば
卑怯未練な村上一門
わずか二人を取り囲み
白刃揃えて斬りかゝる
哀れ菅野と若党は
次第次第に追いつめられて
すでに危うく見えた時
馬場に飛込む安兵衛が
関の孫六抜く手も見せず
村上三郎斬り捨てて
天にも轟く大音声
中山安兵衛武庸が
叔父の菅野に助太刀致す
名乗りを上げてさあ来いと
脇差抜いて左手に
天地に構えた二刀流
右に左に斬り捲くる
折しも叔父の背後(うしろ)から
薙刀(なぎなた)持って祐見が
斬り下ろさんとした時に
撥止と投げた脇差が
背中を貫き見事倒した有様は
さながら鬼神か天魔の業か
固唾を呑んで見ていた群衆
どっとあげたる喊声が
高田の馬場にこだまする

三、
剣がきらめく 高田の馬場に
桜吹雪が舞いかかる
買って驕(おご)らぬ 爽やかさ
花の青年 安兵衛の
顔に明るい 春の風

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

三山ひろしさん『長編歌謡浪曲 元禄桜吹雪 決斗高田の馬場』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー