うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     MYTH&ROIDさんのCDへ   CD      MYTH&ROIDさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check MYTH&ROIDさん『-An ending-』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
-An ending-
作詞 MYTH&ROID 
作曲 MYTH&ROID
MYTH&ROID
No longer physically constrained by the passing time,
The ocularist finally managed to surpass the beauty of the stone eye;
Having plucked out and processed his only remaining organic part ― His very own eye.
"If this is the true essence of art,
What has become of humanity……?"
―Suddenly, he heard the door open.
As he looked over his shoulder, his remaining eye caught a glimpse of an intruder.
At that same moment, a bullet fired by the intruder shot out his life.

Upon entering the room, the situation was clear for her to see.
From his ruptured countenance, a flower of wires had bloomed.
"Why do we desire emotions?
Even though we have overcome ― forbidden ― such human weakness……"
She picked up the artificial eye in her iron hand.
"How lovely this rainbow eye is……"
Holding it, she turned back.
To a world where everyone has abandoned weakness―

[和訳]
時間感覚を失くしてどのくらい経ったか
彼はついに化石と同等に美しい瞳を創り出した
唯一生身に残した、自らの眼球をくり抜き加工して――
"これが芸術の本質ならば"
"人間はなんてものを捨てたのだ"
――突然、背後の扉が開く
彼は振り返り、残された片目が侵入者を捉える
同時に、侵入者が放った銃弾が、彼の命を撃ち抜いた

彼女は部屋を見渡し全てを察した
撃ち抜かれた彼の頭からは、ワイヤーの花が咲いている
"なぜ感情を求めるのだろう"
"私達は感情という弱さを克服した存在なのに。感情を禁じたはずなのに"
彼女は鋼鉄の手で優しく義眼を包む
"この虹色の目は、なぜこんなに愛しいのだろう"
彼女はその目を握ったまま踵を返す
誰もが弱さを捨てた世界へ――

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

MYTH&ROIDさん『-An ending-』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー