うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     MYTH&ROIDさんのCDへ   CD      MYTH&ROIDさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check MYTH&ROIDさん『-A beginning-』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
-A beginning-
作詞 MYTH&ROID 
作曲 MYTH&ROID
MYTH&ROID
In the depths of a ruin, an ocularist discovered a rainbow-colored stone.
"Is this a petrified human eye......?"
It was the most beautiful eye he had ever seen,
And it seemed as if to stare back into his eyes.
"I shall make it my life's work to surpass this beauty"

He brought the stone eye back to his atelier,
And before long, he came to feel as though the eye manifested emotions.
At times it seemed to shine happily or lovingly; other times longingly,
As if it still harbored feelings from the distant past......

The ocularist tried to copy it and create an artificial eye, but......
"It's still not enough......?"
"Even though I have sacrificed my body and soul for this work......"
He began to feel overwhelmed by various emotions:
Love, nostalgia, loneliness, anger, hate, heartbreak......
A rush of emotions that had broken her heart.
And then he noticed ―
Reflected in a mirror, his own eye, too, gleamed with the colors of the rainbow.

[和訳]
廃墟の中で、義眼師は虹色の塊を発見した
"人間の目の化石……?"
その目は今まで見たどの目よりも美しく、
まるで語りかけるように彼を見つめた
"この目を超え、私の最後にして最高傑作にするのだ"

彼はその化石をアトリエに持ち帰ると
やがてその目が感情を宿していることに気づく
時に愛しげに、嬉しそうに、悲しげに目は光った
遠く昔の、だが生きている様に激しい感情──

彼はその目を真似て義眼の試作を重ねた
だが何度やり直してもその美しさには及ばない
"何が足りないというのか──"
"芸術のため不死の体を得たのに"
彼の胸中に様々な激しい感情が去来し始める
愛、郷愁、孤独、憤怒、憎悪、悲痛──
それは"彼女"の心を壊した感情の激流
そして彼は気づく
鏡に映る自分の瞳が、虹色に輝いていることを──

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

MYTH&ROIDさん『-A beginning-』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー