うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     一条寺帝歌(梅原裕一郎)さんのCDへ   CD      一条寺帝歌(梅原裕一郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 一条寺帝歌(梅原裕一郎)さん『キミという光』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
キミという光
作詞 吉田詩織 
作曲 藤本功一
一条寺帝歌(梅原裕一郎)
歌は熱を帯びたまま
冷たく凍えて
虚空に響き渡る

底のない湖に
沈んでいくように
息の仕方を忘れてしまった
もがくほど苦しい

何故 抜け出せない?
進んでもさらに迷うばかりで
深く暗い森に
俺は吸い込まれていく

果てることのない道を
あとどれくらい行けば
俺はキミという光に
会えるのだろう

今、どこに立って
なにを想って
明日を迎えればいい?

光が強いほど
濃くなる影を見て
逃げようとしても瞼の裏に
青い闇広がる

嗚呼 振り切れない
一度知ってしまった温もりの音
孤独になるたびに
俺の胸を突き刺す

嘆く声も出せないで
黙り込む心には
キミの光が絶え間なく
輝くのに

俺はどこにいて
なにを迷って
明日を憂うのだろう

果てることのない道に
地図など意味がなくて
俺はキミという光が
頼りだった

近くに感じても
遠く届かない
キミへの密かな歌

虚空に響き渡る

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

一条寺帝歌(梅原裕一郎)さん『キミという光』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー