うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     164 feat.GUMIさんのCDへ   CD      164 feat.GUMIさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 164 feat.GUMIさん『嫌われ者の詩』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
嫌われ者の詩
作詞 164 
作曲 164
164 feat.GUMI
誰にも疎まれたくないと思った
ガラスの向こう側じゃ何処にも
僕の味方など誰一人居ないと思った

価値の無い言葉を羅列した
認めて欲しいと思っていた
誰かを傷付けたって構わないと思ったはずなのに

今 僕が居なくなっても
それで世界が廻るのなら
それはそれで別にいいさ
なんてとても言えないさ
例えどんなに情けなくても
まだここに獅噛みついてる
女々しい嫌われ者の詩
書き殴るように吐き捨てるように問いかけた

例えば与えられた役目が
誰でもよかったのだとして
それなら僕じゃなくたって
誰一人悲しまないと思った

雲を掴むような希望じゃ
手を伸ばしても届かないから
僕は一人じゃないと信じていたのに
何も信じなきゃよかったんだ

もう誰も待ってないよね
誰も僕を呼んでないよね
そんな事は知ってるさ
皆そう思ってるさ
僕はずっとここにいるのに

今 僕が居なくなっても
それで世界が廻るのなら
それはそれで別にいいさ
なんてとても言えないさ
例えどんなに情けなくても
まだここに獅噛みついてる
孤独な嫌われ者の詩
ほらなんとでも言えばいいさ
僕はどうせ変わらないさ
書き殴るように吐き捨てるように問いかけた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

164 feat.GUMIさん『嫌われ者の詩』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー