うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     三月のパンタシアさんのCDへ   CD      三月のパンタシアさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 三月のパンタシアさん『花に夕景』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
花に夕景
作詞 n-buna 
作曲 n-buna
三月のパンタシア
陽は暮れた 街灯が光っていた
君には言えない
ハイカラに伏した街を縫って
歩いた夕景に

逃げ出した 頭でわかっていた
心はいらない
朱に染まる終点のホームから
落ちた今日を見ている

夕焼けだった
それが何処かに刺さったようだった
開いてしまった心に浮かんでいた花も
いつか散り去っていくなら

傷口をただ舐め合ってた
今日も君以外何もないような僕だ
泣いていた心は重なっていく
それはもうためらうくらい
透明色に澄んだ愛を歌っている
水圧のような愛を歌っている

陽は暮れた 僕らは歩いていた
言葉もいらない
飛んでいる色彩のない花は
目蓋に焼きついた

想い出みたいだ
それは何処かへ仕舞ってたんだった
思い出したって今じゃもう見つからない
今もそこに嘘なんてないんだ

花が降るほど俯いていた
今日も僕以外泣いてないような夜だ
海底の夜空は星ばっかさ
それはもうためらうくらい
心情だけを吐いた世界を歌っている
有体に言えば愛を歌っている

消え去ってゆくなら
花の降る陽に重なってた今日も
僕らの穴の開いた心は
神様にしか見えないから
春がもうためらうくらい
透明な 夕景に

傷口をただ舐め合ってた
今日も君以外何もないような僕だ
泣いていた心は重なっていく
それはもうためらうくらい
透明色に澄んだ愛を歌っている
水圧のような愛を歌っている

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

三月のパンタシアさん『花に夕景』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー