うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     羽多野渉さんのCDへ   CD      羽多野渉さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 羽多野渉さん『わすれもの』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
わすれもの
作詞 ARCHITECT 
作曲 ARCHITECT
羽多野渉
思い出すのは 夏が終わるころ
君がいた街 君といた時間
ねえ 六時のサイレンが遮ったあの日
何を言いかけたの

笑ってほしくて僕は
別れの朝さえ 「またね」なんて濁して
一人の帰り道で 「好きだよ」
遅すぎたなって 陽射しの中で泣いてた

あれから月日が過ぎて 遠い遠いこの街で
大人になって たくさん色褪せて
奇跡がもし本当にあるなら
多分それは今 君とすれ違った夏の日

風がなびかせた 君の姿は
記憶よりもずっと大人びていて
それでも変わらなく優しい瞳が
僕をちゃんと見つけてくれた

何故だろう 分かっていたんだ
あの日の続きは もう叶わないこと
僕等の遠い遠い日の わすれもの
君に一つだけ 言いそびれた事 あるんだ

ずっとずっと好きでした なんて
遅すぎた言葉は もういいんだ

「君の幸せを願ってる 出逢えてよかったよ」
六時のサイレンを強くかきわけて
奇跡がもし本当にあるなら
多分それは今 僕が初めて見る
君の涙だ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

羽多野渉さん『わすれもの』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー