うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     少女病さんのCDへ   CD      少女病さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 少女病さん『聖華の双子が祈るのは』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
聖華の双子が祈るのは
作詞 Mitsuki 
作曲 ピクセルビー
少女病
「美しい双子の少女、ディーとウィー。
優しい父と母、四人での幸せな生活。
何不自由なく暮らしていた双子は、
幸せな日常に忍び寄る影に……気付くこともなく」

「不穏な種は静かに芽吹き、
いつしか取り返しのつかない悪夢と化して。
嵩んだ借金の果ての一家離散。双子は離れ離れに……
別々の家へと引き取られていった」

何を違えたのか その問いに解はなくて
今はただ、冷たさに耐えるだけ
『聖華(はな)の双子だね』と云われては微笑みあう
幸せな時間(とき)はもう過去の中

帰る家もなく 食べるものもなく
やがて離れ離れになった

『いつか、我が家(うち)に帰ろう
三年先の聖夜(きょう)に必ず迎えにくるからね』と
父と母が残したのは 離別(さいご)の口づけ(キス)だけ

「それぞれに引き取られた新しい家で、
安寧を得ることは叶わなかった。
ウィーは義理の姉達から陰湿な虐めを受け、
ディーは過酷な労働を強いられて」

何も望むものはないほどに恵まれてた
水仕事で擦り切れた手を見て
其れは奇跡の上 成り立っていたと知った
幸せな日常(とき)はいつ変わったの?

父は酒に酔い 母は泣いていた
いつの間にかそうなっていた

『いつかまた逢おうね』と
三年先に希望(のぞみ)託した
『どんな顔で会おうか』
鏡の前 痩せた頬で笑顔をつくった

「そして、三年の月日が経ち、約束の日が訪れる。
両親が迎えに来てくれることを、
そして片割れに会えることを信じ、
遠く離れた地で苦しい日々を生き抜いてきた」

「粉雪の降る聖夜。ディーとウィーは、
それぞれの家で逸(はや)る気持ちをおさえきれずにいた」

「「これでやっと、本当の家に帰れるんだ……!」」

やっと【逢える】 約束の【焦がれてた】
聖夜(ひ)がやってきたよ【遠い】 迎えにくる父を【母の影を】
待ち続けた...

白雪(ゆき)が世界を染めて
心も白く凍らせていく
箱庭(いえ)を抜け出し駆ける
其処にきっとワタシたちの 本当の家(いえ)があるはずだから

予想していた現実
夢想の残滓 絶望の前
双子は会い見(みま)えた。
「誰か...どうか...幻想(ゆめ)を見せて...虚構(うそ)でもいいから---」

「両親は迎えにこなかった。あると信じて焦がれていた家は、
もうどこにもなかった。
双子は互いの温もりだけを支えに、涙を流す。
すると突然目の前に、カラスを連れた少女が現れて言った」

「あなたたちが、大好きな家族と
ずっと一緒にいられる場所へ連れていってあげる。
けれど、これは甘い毒。
『永遠の幸福』が怖くないのなら、このリンゴを受け取りなさい」

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

少女病さん『聖華の双子が祈るのは』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー