うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     rairuさんのCDへ   CD      rairuさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check rairuさん『盲目の宇宙飛行士(piano arranged ver.)』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
盲目の宇宙飛行士(piano arranged ver.)
作詞 ゆっけ 
作曲 ゆっけ
rairu
全盲の少女 生まれてこの方光を知らない いつも独りうつむいている
光をいつか見てみたいと それはまるで夢物語のようだ
睛眼の少年 生まれてこの方闇を知らない いつもからり笑っている
今すぐ光を見せようと 少女の手を引き走る

「とっておきの場所があるんだ きっと君にも映るだろう」
暗闇が逃げ込んだ丘で 彼は指をさす 少女はそれすら見えないのに

光咲く夜空も少女の前ではただのユメ こんなに光っていても見えないのか
少女は知らない 何故だか光は頬を伝う それすら見えないのに

全盲の少女 色の飽和した世界を知らない いつもきらり笑うようになる
見えないままでいいと 強がるでもなく彼に笑いかける
睛眼の少年 色のない世界を知らない いつしか笑顔も忘れ
意地でも連れて行くんだと 夢物語に躍起になる

「あそこまでいけばきっと きっと君にも映るだろう」
暗闇が溶け出した空に 彼は指をさす 少女はそれすら見えないのに

光咲く宇宙も少年の前ではただのユメ あんなに光っているのに届かないのか
少年は忘れた 何故だか 光は頬を伝う それすら

夢を見すぎた彼の眼が
光をなくすまでにそう時間もかからなかった
気づくと何も見えなくなっていた
空も自分も少女さえも映らない
「はじめから光を知らない君には何もわからないさ」

少女は見えないままでいいと 強がるでもなく彼に笑いかける
少年は本当の理由を忘れていた 本当の光を忘れていた
少女は言う 「光ならもう見つけたの」

光咲く宇宙も少年の前ではただのユメ あんなに光っていたのに届かないのか
少年は知った それゆえ光は頬を伝う それすら見えないけど

光咲く夜空も二人の前ではただの夢 光は二人の瞳を透過しない
二人は知った それでも光がそばにいることを
二つの照らし合う星
眼には見えないけど

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

rairuさん『盲目の宇宙飛行士(piano arranged ver.)』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー